アロマ

夏に体にこもっている熱をさますアロマの方法

mumiota
wakana
wakana

暑い夏、体にこもっている熱を冷ましたいけど、冷たい飲み物ばかり飲んでいるとお腹が痛くなる💦体の熱を冷ます方法って何かあるかな?

mumi
mumi

夏に冷たい飲み物を多く飲むと胃腸が弱り、かえって夏バテしまうことがあります💦アロマの香りを使って、体にこもった熱を冷ます方法をお伝えします♪

 夏に体にこもる熱を冷ますために、アロマがおすすめです♪
この記事では、アロマの力を借りて、リラックスしながら体温調節を助ける方法をお伝えします。

産後のママにアロマがいい理由

 夏の暑さは体に熱をこもらせ、疲労感や不快感を引き起こします。
特に産後のママは、育児の疲れも相まって、体温調節が難しくなりがちです。

 アロマセラピーは、自然な方法で心身をリフレッシュし、体温を調節するのに役立ちます♪

体の熱を冷ますアロマ

以下に、夏に体の熱を冷ますためのアロマの使い方をいくつか紹介します。

ペパーミント

 ペパーミントのアロマオイルは、冷却効果があります。
爽やかな香りが、暑さで疲れた体をリフレッシュし、心地よい涼しさをもたらします。

  • 使用方法:ペパーミントのクールスプレー
    • 材料:ペパーミント精油、無水エタノール、精製水、スプレーボトル
    • 作り方:
      1. スプレーボトルに5mlの無水エタノールを入れます。
      2. ペパーミント精油を1滴加え、しっかり混ぜます。
      3. 精製水を20ml入れて、よく振って混ぜ合わせ、空間にスプレーします。

ラベンダー

 ラベンダーはリラックス効果が高く、熱を持った体を落ち着かせるのに役立ちます。
さらに、安眠効果もあるため、寝苦しい夏の夜にぴったりです。

  • 使用方法:ラベンダーのアロマバス
    • 材料:ラベンダー精油、エプソムソルト
    • 作り方:
      1. バスタブにぬるめ(38~40℃)のお湯を張ります。
      2. エプソムソルトにラベンダー精油を1~2滴垂らして、お湯に溶かします。
      3. 20分ほどゆっくり浸かり、リラックスします。

レモングラス

 レモングラスの香りは、体をリフレッシュし、冷却効果があります。
夏の暑さでだるくなった体をシャキッとさせるのに最適です。

  • 使用方法:レモングラスのフットバス
    • 材料:レモングラス精油、温水、洗面器
    • 作り方:
      1. 洗面器に温水を入れます。
      2. レモングラス精油を1滴垂らします。
      3. 足を浸しながら、香りを楽しんでリラックスします。

ユーカリラディアタ

 ユーカリのアロマオイルは、清涼感があり、体の熱を取り除くのに効果的です。
また、呼吸を楽にし、リフレッシュさせる効果もあります。

  • 使用方法:ユーカリのルームスプレー
    • 材料:ユーカリ精油、無水エタノール、精製水、スプレーボトル
    • 作り方:
      1. スプレーボトルに無水エタノールを5ml入れます。
      2. ユーカリ精油を1滴加え、よく振ります。
      3. 精製水20mlを入れてよく振って混ぜ合わせ、部屋中スプレーします。

 夏に体にこもった熱を冷ますためには、アロマセラピーが非常に効果的です♪
ペパーミント、ラベンダー、レモングラス、ユーカリなどのアロマオイルを活用することで、自然に体温を調節し、リフレッシュすることができます(*^^*)

まとめ

 夏の暑さは体に負担をかけ、特に産後のママにとっては大変です💦
アロマセラピーを取り入れることで、自然な方法で体温調節ができ、心身ともにリフレッシュできます。

 ペパーミントのクールスプレーやラベンダーのアロマバス、レモングラスのフットバス、ユーカリのルームスプレーなど、手軽に実践できる方法を試して、暑い夏を快適に過ごしてみてください♪

 ママ自身の体調を整えて、ママが健康で笑顔になることが家族の笑顔に繋がります!
最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

モンテッソーリ講座開催 2024年8月5日(月)8月19日(月)

ABOUT ME
mumi
“なんでも自分でやらなきゃ!”と頑張りすぎてすぐにイライラしてしまう私が、笑顔でこどもと過ごすため、心と身体を軽くして、やらなきゃ!と想うことを1つずつ手放していく毎日を、このブログに紡いでいこうと想います。
記事URLをコピーしました