アロマ

質の高い眠りを手に入れるアロマの使い方とその効果

mumiota
wakana
wakana

最近、寝ても疲れがとれない…。夜中にこどもの授乳で起きるとそのあと眠りにつけなくなる。短い時間でも、深く眠る方法ってある?

mumi
mumi

授乳中は、断続的な睡眠が続くため、寝ても体の疲れが取れないこともありますよね💦ここでは、深い眠りにつくための一つの方法としてアロマをご紹介します♪

 短い時間でも、質の高い眠りを得るためには、リラックスできる環境作りが大切です♪
 アロマを、その方法の一つとしてご紹介します(*^^*)

 この記事では、短い時間でも質の高い眠りを手に入れるためのアロマの使い方についてご紹介します。

質の高い眠りをサポートするアロマの効果

 アロマとは香りのことで、植物から抽出された精油を使用し、心身のリラックスやストレス軽減を図る方法です。

 睡眠の質を向上させる効果がある精油をご紹介します♪

眠りの質を高める効果のあるアロマ

サンダルウッド

 サンダルウッドは、心を落ち着かせ、リラックス効果を高める精油です。
瞑想やリラクゼーションの際にも使われ、質の高い眠りを促します。

ラベンダー

 ラベンダーは、リラックス効果が高く、神経を鎮静化させる作用があります。
ストレスや不安を軽減し、寝付きやすくする効果が期待できます。

カモミール

 カモミールには鎮静作用があり、特にローマンカモミールが睡眠を促す効果で知られています。
心身の緊張をほぐし、深い眠りをサポートします。

ベルガモット

 ベルガモットは、気分を明るくしながらリラックス効果も持つ精油です。
ストレスを軽減し、安眠をサポートします。

イランイラン

 イランイランは、強いリラックス効果と幸福感をもたらす香りです。
心を落ち着け、リラックスした状態で眠りにつくのを助けます。

なぜアロマが質の高い眠りに効果的なのか

 アロマ精油は、香りの成分が脳に直接働きかけるため、リラックス効果が即効的に感じられます。
 鼻から吸収された香りの分子は、脳の情動や記憶を司る部分に影響を与え、ストレスを軽減し、心地よい眠りを促します。

 ラベンダーやカモミールなどの精油は、自律神経を整える作用もあります。自律神経が整うことで、心身のリラックスが深まり、より質の高い眠りが得られます(*^^*)

アロマを使った具体的なリラックス方法

アロマデュフーザーの使用

 アロマディフューザーに数滴のラベンダー精油を垂らし、寝室全体に香りを広げます。
 ディフューザーの柔らかな光と共に、リラックスした空間が作り出され、眠りにつきやすくなります。

枕やシーツにスプレー

 ラベンダーやカモミールの精油を使ったスプレーを、枕やシーツに軽くスプレーします。
 寝る前に香りを感じることで、リラックス効果が高まります。

バスタイムに取り入れる

 就寝前にアロマバスを楽しむのもおすすめです。
 お風呂に数滴のラベンダーやカモミールの精油を垂らし、ゆっくりと浸かります♪
体が温まり、香りによってリラックスできるので、寝付きが良くなります(*^^*)

マッサージオイルとして使用

 キャリアオイル(ホホバオイルやアーモンドオイルなど)にラベンダーやサンダルウッドの精油を数滴混ぜ、セルフマッサージを行います。

 特に足の裏や首、肩の部分をマッサージすると、リラックス効果が高まります♪

アロマを取り入れる際の注意点

 アロマセラピーを行う際には、精油の使用方法や濃度に注意が必要です。
直接肌に触れる場合は、必ずキャリアオイルで希釈し、使用量を守りましょう。

 また、妊娠中や持病がある場合は、説明書に記載されている注意点を必ず読んでから、使用することをおすすめします。

まとめ

 質の高い眠りを得るための一つの方法として、アロマを取り入れてリラックスできる環境を作ることも効果的です♪

 ラベンダーやカモミール、サンダルウッドなどの精油を使って、心地よい眠りを手に入れましょう。

 アロマをうまく使いながら、日々がんばるママの睡眠時間が少しでも快適になったら嬉しいです♪
 最後までお読みいただき、ありがとうございます(*^^*)

モンテッソーリ講座開催 2024年8月5日(月)8月19日(月)

ABOUT ME
mumi
“なんでも自分でやらなきゃ!”と頑張りすぎてすぐにイライラしてしまう私が、笑顔でこどもと過ごすため、心と身体を軽くして、やらなきゃ!と想うことを1つずつ手放していく毎日を、このブログに紡いでいこうと想います。
記事URLをコピーしました