頑張らない育児

産後にママの癒しになるこどもとの関わり方

mumiota
wakana
wakana

出産後、こどもといつも一緒にいると、疲れが取れない。リフレッシュする時間もほしいとき、みんなはどうしてるの?

mumi
mumi

こどもとの触れ合いやコミュニケーションを取ることをママのリラックスタイムに変える視点を持つのはどうでしょうか?

 産後の生活は、喜びと共に疲れやストレスもついてきます。
日常生活の中で、こどもとの関わり方次第でママが癒されることもあります(*^^*)

この記事では、産後のママにとって癒しとなるこどもとの関わり方についてお伝えします。

こどもとの関わり方がママの癒しになる理由

 こどもとの関わり方を工夫することで、ママ自身がリラックスし、心が満たされることが多くあります(*^^*)

 特に、産後の疲れた体と心に対して、こどもとの温かい交流は大きな癒しをもたらします♪

ママの癒しになる、こどもとの関り方

 ママ自身が全力で好きなことを楽しむことで、自然とこどもにも楽しさが伝わり、こどもからの無条件の愛情と、純粋な笑顔や仕草がママの心にもたらす癒しになります♪

 特に産後の時期は、こどもとの関わりがママの心を満たす大きな要素となります。
では、ママも癒されるこどもとの関わり方をご紹介します♪

スキンシップを楽しむ

 スキンシップは、こどもだけでなくママにとっても癒しの時間になります♪
抱っこやおんぶ、手をつないで散歩するなど、肌と肌が触れ合うことで安心感と温かさを感じることができます(*^^*)

 特に、お風呂の時間は、ママもゆったりとした時間を使えるように、こどもも使えるアロマを使ってみるのもおすすめです♪

一緒に遊ぶ時間を楽しむ

 こどもと一緒に全力で体を動かして遊ぶことで、ママも一緒に笑ったり、汗ばむくらい楽しむことでストレス発散にもなります♪
 公園に行ったときにストレッチしてみたり、おもちゃで遊んでいるときもママも一緒に遊んでみたり、絵本を読むときにどれくらい心を込めて読めるか試してみたり♪

 ママ自身も楽しんでいると、こどもにも楽しいことが伝染して、自然とこどもの無邪気な笑顔が見れます(*^^*)
こどもの笑顔は、疲れた心を癒してくれますね♪

お昼寝を一緒にする

 疲れたら、こどもと一緒にお昼寝をする♪
ママ自身も休息を取ることが大切です。
産後は、体も動けているようで、出産のダメージの回復途中なことも多いです!

 こどもと寄り添って眠ることで、心も体もリラックスすることができます♪
お昼寝の時間を共有することで、ママもリフレッシュできますよ(*^^*)

一緒にママの大好きな音楽を楽しむ

 ママの大好きな音楽を一緒に聴いたり、歌ったり踊ったりすることで、ママ自身のリラックスタイムになります♪
 こどもの前なら、気兼ねなく大きな声で好きな歌を歌えますよね(*^^*)

 こどもがいるからこどもの好きな曲!とかではなく、ママ自身も楽しめるような音楽や踊りを楽しんでリフレッシュしたら、こどもの好きそうな曲もかけてみるのもおすすめです♪
 リラックスできる音楽や、こどもが好きな童謡を一緒に歌って楽しむことで、こどもとも楽しい時間を過ごせますよ!

 また、音楽には心を落ち着かせる効果もあり、ママのストレス解消にも役立ちます♪

ベビーマッサージを取り入れる

 ベビーマッサージは、こどもとの触れ合いを楽しむと同時に、こどものリラックス効果も期待できます。
 触れているママ自身もリラックスできる時間となり、こどもの体調管理にも役立ちます。
 できるときに、“今日は手だけ”とか、“今日は足だけ”とか、各パーツだけ少しずつなど取り入れることで、がんばら過ぎずに親子の絆がさらに深めることができます♪

手のひらを広げてなでなで

手と足の指を軽くつまんでもみもみ

お風呂上りに頭をやさしくくるくるなでる

保湿クリームで顔のマッサージと耳を軽くつまんでもみもみ

まとめ

 こどもとの関わり方を工夫することで、ママ自身が癒され、リフレッシュすることができます♪

 スキンシップや一緒に遊ぶ時間、音楽を楽しむなど、日常の中で取り入れられる方法の中で、ママ自身が楽しめるものを実践してみてください(*^^*)

 ママ自身が楽しむことで、こどもとの温かい交流がママの心と体を癒し、毎日をより楽しめるようになります♪
 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

モンテッソーリ講座開催 2024年8月5日(月)8月19日(月)

ABOUT ME
mumi
“なんでも自分でやらなきゃ!”と頑張りすぎてすぐにイライラしてしまう私が、笑顔でこどもと過ごすため、心と身体を軽くして、やらなきゃ!と想うことを1つずつ手放していく毎日を、このブログに紡いでいこうと想います。
記事URLをコピーしました