頑張らない育児

職場復帰したばかりのママにおすすめ!離乳食後期から完了期の手軽に作れるご飯

mumiota
wakana
wakana

仕事に復帰して、毎日忙しいけどこどものご飯を作るのが大変💦まだ、大人と全て一緒なわけでもないし、市販の離乳食セットも高いし…。時短で簡単に作れるものはありますか?

mumi
mumi

忙しいい毎日でも、お休みの日に作り置きして冷凍しておける、手軽なこどものご飯を紹介します♪

簡単だけど栄養も摂れる離乳食を知りたい

 職場復帰したばかりのママにとって、忙しい毎日の中で離乳食を準備するのは大変なことです💦
 特に、離乳食後期から完了期にかけては、大人と同じ食事にはちょっと早い気がするし、少しやわらかめ、少し味薄目など、そのひと手間の時間が足りないなと感じることが多いです。

 この記事では、時間をかけずに栄養バランスの取れた食事を提供する方法をご紹介します♪

時短レシピ

 職場復帰後は、仕事と家庭の両立が大きな課題となります。
帰宅後の短い時間でもこどもが食べやすい食事を作るために、時短でできる調理法と、こどもが食べやすく、栄養がしっかり摂れるメニューのレシピを何個か持っているだけで、仕事の日はかなり助かるなと感じます(*^^*)

 休みの日に、作り置きして置ける、栄養満点レシピを何点かご紹介します♪

おかゆリゾット

  • 材料:残りご飯(茶碗1杯分)、鶏むね肉(50g)、にんじん(30g)、ブロッコリー(30g)、水(適量)、無添加のコンソメ(少々)
  • 作り方
    1. 鶏むね肉、にんじん、ブロッコリーを細かく刻む。
    2. 鍋に水と残りご飯、刻んだ材料を入れ、コンソメで味を調える。
    3. 材料が柔らかくなるまで煮込む。
    4. 冷めたら、子どもが食べやすい大きさにする。

野菜たっぷり蒸しパン

  • 材料:小麦粉(100g)、ベーキングパウダー(小さじ1)、牛乳(適量)、にんじん(30g)、ほうれん草(30g)、卵(1個)
  • 作り方
    1. にんじんとほうれん草を茹でて、細かく刻む。
    2. ボウルに小麦粉、ベーキングパウダー、卵、牛乳、刻んだ野菜を入れて混ぜる。
    3. 生地をカップに入れ、蒸し器で15〜20分蒸す。
    4. 冷めたら、子どもが食べやすい大きさに切る。

ひき肉と豆腐のハンバーグ

  • 材料:鶏ひき肉(100g)、絹ごし豆腐(50g)、玉ねぎ(30g)、片栗粉(少々)、しょうゆ(少々)
  • 作り方
    1. 玉ねぎをみじん切りにし、鶏ひき肉、豆腐、片栗粉、しょうゆを混ぜる。
    2. 小さなハンバーグ状に成形する。
    3. フライパンで両面をこんがりと焼く。
    4. 冷めたら、子どもが食べやすい大きさにする。

時短レシピをいつ作る?

 このような手軽に作れるレシピを活用することで、忙しいママでも効率的に栄養バランスの取れた離乳食を作ることができるかなと想います(*^^*)

 さらに、週末にまとめて作り置きしておくと、平日の調理時間を大幅に短縮できます♪

まとめて調理する

 週末や仕事のない日に、いくつかのメニューをまとめて作り、小分けにして冷凍保存しておくと、平日の忙しい時間に簡単に温めるだけで、すぐに食べられます♪

時短調理器具を活用する

 電子レンジや圧力鍋、フードプロセッサーなどの時短調理器具を活用すると、調理の手間が省けます(*^^*)

 我が家は圧力鍋が大活躍♪
野菜やお肉も柔らかくなるし、こどもの分は取り分けて薄めに味付けするだけでも時短でこどもの料理を作ることが出来ます!

簡単なレシピを選ぶ

 できるだけシンプルなレシピを選び、調理工程を少なくすることで、短時間で作ることができます(*^^*)

 炊飯器、離乳食後期、などと検索するとたくさんレシピを検索できるので、こどもの分だけ休みの日に炊飯器で作って、小分けして冷凍するのもおすすめです♪

まとめ

 職場復帰後の忙しい生活の中でも、工夫次第で栄養バランスの取れた離乳食を手軽に作ることができます♪

 まとめて調理する、時短調理器具を活用する、シンプルなレシピを選ぶといった対策を取り入れることで、こどもに美味しくて健康的な食事を作りながら、ママ自身の負担も軽くしましょう(*^^*)

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

モンテッソーリ講座開催 2024年8月5日(月)8月19日(月)

ABOUT ME
mumi
“なんでも自分でやらなきゃ!”と頑張りすぎてすぐにイライラしてしまう私が、笑顔でこどもと過ごすため、心と身体を軽くして、やらなきゃ!と想うことを1つずつ手放していく毎日を、このブログに紡いでいこうと想います。
記事URLをコピーしました