セルフケア解説

出産してから8ヶ月もたつのに、なぜ体型が戻らない?職場復帰前に、妊娠前の体型に近づけたい方必見‼

mumiota
wakana
wakana

出産して、こどもがもうすぐ8ヶ月になるけど、体重は妊娠前に近づいてきているのに、おなかがぽてっと前に出たまんま…。もうすぐ職場復帰だけど、制服が入るか心配です💦

mumi
mumi

体重は戻っても、体型が変わってしまったのは、妊娠中にお腹が大きくなっていくために姿勢が変化し、出産後も妊娠中と同じ姿勢をとっているからかもしれません!

 妊娠中に増えた体重は少しづつ戻っても、出産後に体型がなかなか戻らないと悩んでいるママは多いですよね💦
 しかし、その原因は単純に食事や運動不足だけではありません!

 この記事では、妊娠中に起こる姿勢の変化による、体重が戻らない原因と姿勢を改善する対処法をお伝えします(*^^*)

妊娠中の姿勢の変化

 出産後も妊娠中と同じような姿勢を続けていることが、体重が戻らない理由の一つかもしれません。


 妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるため、体のバランスを保つために自然と前かがみの姿勢になります。
 その結果、お腹の筋肉は緩み、お腹の力が使いづらくなってしまいます。

出産後に体型が戻らない

原因は?

 出産後も妊娠中と同じ姿勢を保ち続けることで、腰や背中の負担が増え、お腹の筋肉が十分に働かなくなります。
 その結果、体重が戻りづらかったり、体重はは戻ってきても、体型が妊娠前に戻らなかったり、姿勢の悪化や体の不調を引き起こす可能性もあります。

 私の場合、出産後体重は徐々に妊娠前に戻りつつあるのに、下っ腹がぽてっとしていて、妊娠前に楽に履けていたパンツのウエストが閉まらなかった💦

対処法は?

 体型を戻すために必要なことの一つとして、妊娠中と同じ姿勢を改善することが大切です。 

 正しい姿勢を意識し、お腹の筋肉を意識的に使うことで、体重が戻りやすくなるだけでなく、姿勢も改善され、姿勢の変化で起こってくる体の不調も軽減されると想います♪

椅子に座って深呼吸!

 椅子に座り、ひざと内くるぶしの間をひとこぶし分開けて、おしりの下に手を入れて、体を前後に動かしながら、座骨(ざこつ)という骨を手のひらで感じてみてください。
 座骨が手に一番あたる位置が見つかったら、その姿勢で深呼吸してみます!

①鼻から深く息を吸い込みながら、お腹をふくらませる
②口から細く長く吐き、お腹をひっこめながら、おへそを頭の方に引き上げる

おしりあげ!

①鼻から息を吸い込み、お腹を膨らませて背中と床の隙間をなくす
②口から息を吐きながら、おしりの穴が天井の方を向くようにおしりを持ち上げていく

お腹の力で足を動かす!

①息を吸い込み、お腹を膨らませて背中と床の雪間をなくす
②口から息を吐きながら、足を直角にゆっくり持ち上げてゆっくり下ろす
③同じように、左右を繰り返す

まとめ

  体重が戻らない悩みは、単に食事や運動不足だけが原因ではありません。
 妊娠中と同じようにとっている姿勢を改善する意識を持つことで、お腹の筋肉が活性化され、体重の戻りやすさが変わるかもしれません(*^^*)

 自分の姿勢を見直し、意識的な体の使い方を心掛けてみてください♪
 最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^♪

モンテッソーリ講座開催 2024年8月5日(月)8月19日(月)

ABOUT ME
mumi
“なんでも自分でやらなきゃ!”と頑張りすぎてすぐにイライラしてしまう私が、笑顔でこどもと過ごすため、心と身体を軽くして、やらなきゃ!と想うことを1つずつ手放していく毎日を、このブログに紡いでいこうと想います。
記事URLをコピーしました