お手軽薬膳

暑い夏に胃腸を整えるお手軽薬膳料理

mumiota
wakana
wakana

急に暑い夏がやってくると、温度変化についていかず、ご飯も食べる気力がなくなる。あまり食欲がないときでも、手軽に食べられて、体にもいい食事はある?

mumi
mumi

急に暑くなってきたこの時期、暑い夏に胃腸はとても弱くなります💦胃腸に優しい食事を食べることで、暑い夏に向けて胃腸を整えていきましょう♪

 暑い夏は、体が疲れやすく、特に胃腸の調子が乱れやすくなります。
食欲が落ちたり、消化不良を起こしたりすることもあります。

 そんな時に役立つのが薬膳料理です♪
薬膳は、食材の持つ自然の力を利用して体調を整えることができる知恵です。

 この記事では、夏の暑さで胃腸が弱ってくる前に、胃腸を整えるお手軽な薬膳料理を紹介します(*^^*)

夏の胃腸を整える重要性

 夏は気温が高く、冷たい飲み物や食べ物を摂りがちです。
その結果、胃腸が冷えてしまい、消化機能が低下することがあります。

 また、暑さで体力を消耗し、食欲が減退することも少なくありません。
胃腸の調子を整えることは、夏を元気に乗り切るために非常に重要です。

薬膳料理の効果

 薬膳料理は、食材の薬効を活かして体調を整えることができます。
特に、胃腸の調子を整える食材としては、ショウガ、山薬(ヤマイモ)、大根、米などが挙げられます。

 これらの食材を組み合わせることで、消化を助け、胃腸の機能を高める効果が期待できます♪

お手軽薬膳料理の紹介

ここでは、夏にぴったりのお手軽薬膳料理を紹介します。

山芋と大根のスープ

材料

  • 山芋(ヤマイモ):100g
  • 大根:100g
  • 鶏ささみ:100g
  • ショウガ:1片
  • 塩:適量
  • 水:500ml

作り方

  1. 山芋と大根を一口大に切ります。
  2. 鶏ささみを食べやすい大きさに切り、ショウガは薄切りにします。
  3. 鍋に水を入れ、鶏ささみとショウガを加えて火にかけます。
  4. 沸騰したら山薬と大根を加え、中火で煮込みます。
  5. 材料が柔らかくなったら塩で味を調えます。

 このスープは、山芋と大根が胃腸の働きを助け、ショウガが体を温めて消化を促進します。
 鶏ささみはタンパク質を補給し、夏の疲れを癒す効果があります♪

ショウガ入りお粥

材料

  • 米:1/2カップ
  • 水:4カップ
  • ショウガ:1片
  • 塩:少々

作り方

  1. 米を洗い、水と一緒に鍋に入れます。
  2. ショウガをすりおろして加え、中火にかけます。
  3. 沸騰したら弱火にし、米が柔らかくなるまで煮込みます。
  4. 塩で味を調えたら完成です。

 このお粥は、ショウガが胃腸を温め、消化を助けます。
夏バテ気味で食欲がない時でも、さっぱりと食べられる一品です♪

夏の薬膳料理で元気に

 暑い夏には、胃腸の調子を整えることが大切です。
薬膳料理を取り入れることで、食材の持つ力を利用して、ママ自身の体調を整えてください(*^^*)

 今回紹介した山薬と大根のスープやショウガ入りお粥は、どれも簡単に作れるお手軽な薬膳料理です。
 夏の疲れや胃腸の不調を感じたら、ぜひ試してみてください♪

 薬膳料理を通じて、ママ自身の健康と笑顔を守り、家族も元気に暑い夏を元気に乗り切りましょう!
 最後までお読みいただきありがとうございます♪

モンテッソーリ講座開催 2024年8月5日(月)8月19日(月)

ABOUT ME
mumi
“なんでも自分でやらなきゃ!”と頑張りすぎてすぐにイライラしてしまう私が、笑顔でこどもと過ごすため、心と身体を軽くして、やらなきゃ!と想うことを1つずつ手放していく毎日を、このブログに紡いでいこうと想います。
記事URLをコピーしました