お手軽薬膳

授乳中の冷たい水分過多は注意!暑い夏に体の熱を冷ます薬膳

mumiota
wakana
wakana

授乳中の暑い時期に、冷たい水分ばかり取っていると、足がむくんでくる💦暑いから、冷たい飲み物が飲みたい…。

mumi
mumi

体を冷やしてくれる食材を普段の食事にプラス一品足して、食事から体の調子を整えることもできますよ♪

 暑い夏、特に授乳中のママにとって体調管理は大切です。
産後8か月ともなると、赤ちゃんのケアや授乳に忙しいママの体は、特に暑さの影響を受けやすくなります💦

 この記事では、体の熱を冷ましてくれる薬膳の知識を取り入れ、夏を快適に過ごす方法をお伝えします♪

暑い夏にも体の熱を冷ます薬膳

 薬膳は難しそうに感じるかもしれませんが、身近な食材から始められます。

 例えば、食事にキュウリやスイカを追加するだけでも効果的です。
ミントティーを飲む習慣をつけるのも一つです♪
少しずつ取り入れることで、無理なく続けられます(*^^*)

この夏、薬膳の力で体をクールダウンし、元気に過ごしましょう♪

体の熱を冷ます薬膳の必要性

 夏の暑さは、授乳中のママにとって大きなストレスとなります。
暑さが体に与える影響は、疲労感やイライラ、さらには体温調節の乱れなど多岐にわたります。

 特に授乳中は、水分が奪われやすいため、体の熱を冷ます効果のある食材を積極的に取り入れることが大切です。

体の熱を冷ます薬膳食材

 薬膳の基本的な考え方に基づき、体の熱を冷ます効果のある食材を紹介します。
これらの食材は、体内の余分な熱を取り除き、涼しい体調を保つのに役立ちます♪

キュウリ

  • キュウリは水分が豊富で、体を冷やす効果があります。
    サラダやスムージーに加えて摂取するのがおすすめです。

スイカ

  • スイカは夏の代表的な果物で、利尿作用と体を冷やす効果があります。
    スナックとしてそのまま食べるのも良いでしょう。

緑豆(もやしや春雨もOK)

  • 緑豆は解熱効果があり、スープやお粥にして食べるのが一般的です。
    夏の定番薬膳食材です。

ミント

  • ミントは体を冷やす効果があり、ハーブティーとして飲むのが良いでしょう。
    爽やかな香りもリフレッシュに役立ちます。

ナス

  • ナスも体を冷やす効果があり、炒め物や煮物として食べると良いです♪

おすすめの薬膳レシピ

キュウリと緑豆の冷やしスープ

  • 材料:
    • キュウリ: 1本
    • 緑豆: 50g
    • ミントの葉: 数枚
    • 塩: 少々
    • 水: 500ml
  • 作り方:
    1. 緑豆を水でよく洗い、一晩水に浸しておきます。
    2. 鍋に水を入れ、緑豆を煮ます。沸騰したら弱火にして柔らかくなるまで煮込みます。
    3. キュウリを薄切りにし、緑豆とともにミキサーにかけます。
    4. 塩で味を整え、ミントの葉を添えて完成です。

 この冷やしスープは、暑い夏の日にぴったりの一品です。
緑豆の解熱効果とキュウリの水分補給効果で、体を内側からクールダウンさせます♪

まとめ

 薬膳は一時的な効果だけでなく、継続することで体質改善にもつながります。
日々の食事に少しずつ取り入れ、体調を整えることが大切です。

 薬膳の知識を活用し、夏の暑さに負けない体づくりを目指しましょう。
日常の食事に体を冷ます効果のある食材を取り入れることで、特に暑さで疲れやすい授乳中のママには、薬膳の知識を活用した食事が健康維持に役立ちます(*^^*)

無理せず、できる範囲で薬膳を取り入れ、夏を乗り切る力を養ってください♪
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

モンテッソーリ講座開催 2024年8月5日(月)8月19日(月)

ABOUT ME
mumi
“なんでも自分でやらなきゃ!”と頑張りすぎてすぐにイライラしてしまう私が、笑顔でこどもと過ごすため、心と身体を軽くして、やらなきゃ!と想うことを1つずつ手放していく毎日を、このブログに紡いでいこうと想います。
記事URLをコピーしました