mumiのつぶやき

出産直後、夫に触られるのが嫌になる理由と対策

mumiota
wakana
wakana

出産後、旦那さんの無意識に発する言葉や行動の一つ一つに、ついイライラしてしまう。触られるのも嫌。出産する前はあんなに大好きだったのに…。

mumi
mumi

出産で起こる、急激な体や気持ちの変化が大きいこの時期、一番そばにいる旦那さんとの関係性に悩むことも多いですよね。

 出産直後、多くの女性が夫にイライラしたり、触られるのを嫌がることがあると想います💦
 この現象に悩む方は少なくありません。
しかし、夫側は理由がわからず戸惑うことが多いです。

 この記事では、出産直後に女性が夫に触られるのを嫌がる原因と、その対策について詳しく解説します。

出産後、夫に対する気持ちの変化はなぜ起こる?

 出産直後に女性が夫に触られるのを嫌がる原因は、身体的・精神的な変化にあります。
 出産は女性にとって大きな身体的負担であり、ホルモンバランスの変化や疲労が影響します。

 また、赤ちゃんの世話に集中するあまり、夫との親密な関係を築く余裕がなくなることも要因の一つです。以下に具体的な原因を挙げます。

ホルモンバランスの変化

 出産後、女性の体内ではホルモンバランスが急激に変化します。
 プロラクチンやオキシトシンといったホルモンが授乳をサポートする一方で、性欲を低下させることがあります。

 このため、夫に触られることが不快に感じられることがあります。

身体的な疲労

 出産は大きな体力とママ自身の血液を消耗します。
出産直後の女性は、産後の回復期にあり、体力も低下しています💦

 また、授乳や夜泣きによる睡眠不足が重なり、さらに疲労感が増します。
疲れ切った体では、夫に触られることに対する抵抗感が生じやすくなります。

精神的プレッシャー

 新生児との生活に対するプレッシャーも原因の一つとなります。
赤ちゃんの世話や家事、育児のプレッシャーが重なり、精神的に疲弊している状態では、夫とのスキンシップを避けたくなることがあります。

 また、“家事もままならないなんて”など、自己イメージの変化や自己肯定感の低下も影響します💦

産後の精神的な不安定

 産後の精神的な不安定さは、出産後の女性に見られることが多いです。
感情の不安定さや無気力感が伴い、夫との親密な関係を築くのが難しくなることがあります。

 この場合、夫に触られることが嫌になるのも自然な反応です。

夫とコミュニケーションをとる方法は?

     では、夫に触られるのが嫌になる原因に対する対策をいくつか提案します。

    ささいなコミュニケーションも大切にする

     夫に対して、自分の気持ちや体の状態を正直に伝えましょう。
    “いってらっしゃい”、“おかえり”などのささいな会話や、お互いの理解を深めることで、夫も協力的になり、ストレスが軽減されます。

    ママ自身のケアにかける時間を作る

     ママ自身のリラクゼーションや休息の時間を確保することが大切です。
    夫に赤ちゃんの世話を頼んで、リラックスできる時間を作ることで、心と体のリフレッシュできます(*^^*)

    夫婦の時間を大切にする

     忙しい毎日の中でも、夫婦だけの時間を持つことを心がけましょう。
    短い時間でも、こどもが寝た後に一緒にアイスを食べたり、ドラマを見たりして過ごすことで、コミュニケーションを少しづつ取り戻すことができるかなと想います(*^^*)

    専門家のサポートを気軽に受ける

     産後うつやホルモンバランスの問題に関しては、“自分は大丈夫”と自己判断せずに専門家のサポートを受けることをおすすめします(*^^*)

     カウンセリングや医師のアドバイスを受けることで、適切な対策を講じることができます。

    まとめ

       出産直後に夫に触られるのが嫌になるのは、ホルモンバランスの変化や身体的・精神的な疲労が原因です。

       しかし、これを理解し、適切な対策を取ることで、夫婦関係を良好に保つことができます♪
       ささいなコミュニケーションを大切にし、ママ自身のケアの時間を確保することで、ストレスを軽減し、夫婦の絆を深めることができます。

       お互いの理解と協力が、出産後の新たな生活を支える大きな力となると想います(*^^*)
      最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

      モンテッソーリ講座開催 2024年8月5日(月)8月19日(月)

      ABOUT ME
      mumi
      “なんでも自分でやらなきゃ!”と頑張りすぎてすぐにイライラしてしまう私が、笑顔でこどもと過ごすため、心と身体を軽くして、やらなきゃ!と想うことを1つずつ手放していく毎日を、このブログに紡いでいこうと想います。
      記事URLをコピーしました